転勤の味方のリロケーション

会社勤めをされている方なら、一度は通る道かもしれない転職と海外赴任。一昔前は栄転ともされ、本社に帰ってきたら出世という甘い言葉もありました。もちろん、転勤のすべてが悪いわけではなく、業績悪化が懸念される支社(支部)での立て直しを期待されたり、新規事業の立会に行ったりするケースもあります。

そこで懸念になるのが、万が一マイホームを購入していた場合です。マイホームを手に入れて喜んでいるのもつかの間、転勤や海外赴任の辞令が下されることも少なくありません。企業の業種や職種によっては転勤や海外赴任などは珍しくないケースもあります。商社や都市銀行は基本的に転勤があります。会社にとっても転勤や海外赴任は誰でもいいわけではありませんので、断りにくく、致し方なく受け入れるといったパターンになります。

家族に一緒に来てもらうことは、かなりの決断となります。子供がいれば転校になります。子供にとっての転校とは親の転勤よりも大きな問題になる場合があります。奥さんが務めている家庭は、奥さんに会社やパートを辞めてもらわなければいけません。もしも家族の了承がもらえても、せっかく購入した自宅をどうするかで悩むことが大きくのしかかります。毎月の住宅ローンなどの支払いは待ってくれません。売却することも視野に入れるでしょうが、転勤期間が満了したらやっぱり自宅に帰りたくなるといえます。そこで、リロケーションというサービスを活用することで、この悩みを解決することができます。