海外ではどうなっているか

海外でのリロケーションはどうなっているでしょうか。リロケーションサービスとは、グローバルで移転・配置転換をサポートすることを指し、アメリカで生まれたビジネススタイルです。日本の転勤者の留守宅管理を指す意味合いとは大きく違っています。アメリカを中心とした世界のグローバル企業では転勤に伴ってリロケーションサービス会社を起用しています。諸外国のリロケーションサービスは、留守宅管理をするのではなく、転居に伴う手続きに必要な海外への引越し・ビザ取得・航空券の手配・自宅の売却とその手配などを行う転勤手続きをトータル的にサポートしてくれるサービスのことをいいます。

特に欧米では転勤するに当たって、マイホームを空き家にする価値観はほとんどなく、売却する考え方が中心となってきます。欧米の各リロケーション会社の収益はマイホーム売却とそれに伴う税務手続きが大きくなっています。

日本企業のグローバル展開も急激に進む中で、リロケーション会社の果たす役割はさまざまなサービスを展開しつつあります。従来までの留守宅の管理という不動産サービスの考えとは別に、海外への引越しや・予防接種のサポート・健康の診断手配などサービスを増やして新規顧客を増やすことを目指しています。

メリットはあるか

なかなか自力でやると大変で時間がない転職者には、かなり負担が大きいことが分かります。リロケーションサービスを専門に行っている業者を探すほうが、何かとメリットがあります。このメリットですが、家賃収入の面で期待が大きいだけではありません。家賃の滞納がある場合には、集金を代行までしてくれるサービスが多いのです。

また、空き家にしないことで、ダニやシロアリなどの害虫を発生させないことが出来ます。日本は湿気が多いので通風していないと害虫が繁殖を重ねてしまい、自宅に深刻なダメージを与えてしまいます。害虫は近隣住民にも被害を与えますので、損害賠償を請求される可能性があります。長い期間で空き家にしておくと雑草が生えすぎて目立ち、これも近隣に迷惑をかけてしまいます。空き家になっていることが丸わかりになると、空き巣の被害を受けてしまいます。

転職期限が決まっているのなら、空き家とせずにリロケーションサービスを受けて、家賃収入を受けた方がメリットは高いといえます。借主とのトラブルが発生しても自分で対処するより、第三者に入ってもらったほうが精神的にも楽になります。海外にいる場合には簡単に帰ってこられないのも事実です。

自力でやると大変

リロケーションサービスとは、転勤や海外赴任などの期間中に空き家となる自宅を預かって入居するのを希望している第三者に賃貸して、その管理業務の一任を請け負ってくれることをいいます。このサービスの利点は、住宅ローンを浮かすことができます。誰も済まないままでも住宅ローンは当然かかってきます。海外赴任や転職をしてその手当が充実しているものならばいいですが、この不景気が続くなか、そこまで会社が面倒を見てくれるかというと怪しいものです。多用の手当は発生しても、引っ越しの諸費用もその代金だけでなく、準備に時間がかかり忙しすぎてご飯を作ることままならず、外食やコンビニなどの惣菜弁当などが極端に多くなってしまうこともあります。そういった小さい出費も重ね重ねで大きく痛手となってしまいます。

そこで、このサービスを受けようと考えている人も少ないのですが、もちろんタダではありません。リロケーションサービスを請け負っている会社に手数料が発生します。それならば自分で全部やってみようと思ってもうまくいきません。それは、まず借主を探さなくてはなりません。それも転勤してしまってからでは、契約もスムーズにいかなくなります。なるだけ早く探さなくてはなりません。賃貸情報に掲載するにも打ち合わせや家賃の相場などを自分で調べなくてはなりません。

また、借主側からするといくら年数が若い住宅であっても、使用感のあるところで済むのは嫌なものです。ハウスクリーニングをするのは当然といえるでしょう。自分たちで済むには問題なくても、他人が住むには不十分で不衛生に感じるものです。これらをすべて新しくした場合にも費用が発生し、業者も自分で探して契約をしなくてはいけません。

転勤の味方のリロケーション

会社勤めをされている方なら、一度は通る道かもしれない転職と海外赴任。一昔前は栄転ともされ、本社に帰ってきたら出世という甘い言葉もありました。もちろん、転勤のすべてが悪いわけではなく、業績悪化が懸念される支社(支部)での立て直しを期待されたり、新規事業の立会に行ったりするケースもあります。

そこで懸念になるのが、万が一マイホームを購入していた場合です。マイホームを手に入れて喜んでいるのもつかの間、転勤や海外赴任の辞令が下されることも少なくありません。企業の業種や職種によっては転勤や海外赴任などは珍しくないケースもあります。商社や都市銀行は基本的に転勤があります。会社にとっても転勤や海外赴任は誰でもいいわけではありませんので、断りにくく、致し方なく受け入れるといったパターンになります。

家族に一緒に来てもらうことは、かなりの決断となります。子供がいれば転校になります。子供にとっての転校とは親の転勤よりも大きな問題になる場合があります。奥さんが務めている家庭は、奥さんに会社やパートを辞めてもらわなければいけません。もしも家族の了承がもらえても、せっかく購入した自宅をどうするかで悩むことが大きくのしかかります。毎月の住宅ローンなどの支払いは待ってくれません。売却することも視野に入れるでしょうが、転勤期間が満了したらやっぱり自宅に帰りたくなるといえます。そこで、リロケーションというサービスを活用することで、この悩みを解決することができます。